FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10/31(日):MTぎじろく

そんなわけで記念すべき(?)第1回MTの記録です~

DSCF1359.jpg

■開催
場所:中越さんちのダイニング♪
日時:10/31(日)13時~18時くらい

■出席(7名)
しん(記)、中越さん、あらさん、Aさん、Iさん、Nともさん、もちさん

■議事概要
・活動のまとめ、反省
・将来的な構想
・来期の活動、体制

ちなみに資料は前エントリにアップしたやつを使いました。


■議事
・活動のまとめ、反省
 感想をメンバーに聞いたほうがいいのでは?
⇒ MLで聞く(そのうち流すので、ご協力くださいm(_ _)m)

 子どもが遊べるようにしたい
⇒ 隣の草を刈って遊び場にするとか、ビオトープに一部しておくとか。
ザリガニやメダカなどを囲っておくなど。

 田んぼは半年かかるが、畑でもっと短いサイクルのがあれば参加したい人が増えるかも。野菜だと2~3ヶ月で収穫までいける。
 ベランダでやってても楽しいが、たぶんホントはもっと広いところでやりたい人はいっぱいいる。

 畑で、日本にないものなど作れると楽しい。

 時間が、いつ終わるのかと思うことがある。
⇒ タイムキーピングをしっかりする。作業にどれくらいかかるかは把握できたので、時間までで一区切りつくように設計しておく。残りを後で対応するメンバーがいることが前提になる。

 会費を取るとして、収穫その他でうまくお金にできれば返ってくるなどあると出しやすいのでは。

 来る人に聞いてみたら、やはり参加無料なのが大きい。敷居が低い。家族だと交通費もかかるので、無料でないと来なかったという人もいる。

 特に学生だとやはり交通費は大きい。人数が確保できればレンタカーや、イベントだとマイクロバスを手配してもいいかもしれない。
 また、東京都内で車を持っているメンバーを引きこめると、とても助かる。今期はY氏や松戸の人がいてくれてとても助かった。

 米の販売について
 6月から流山(平和台)に市の直売所ができる。farmers marketeや、12月に南青山でわたしの畑に出すよう言われているマルシェもある。
 Mealinkのイベントで玄米を使って、そこで売ってもいい。過去のイベントでは無農薬でない玄米が30kgくらい、キロ1,000円で売れた。
⇒ それぞれ今後相談して具体化する。都内マルシェなどは紹介が目的なので、来期もやらないと意味がない。

 水の管理は”土地改良区”というのがやっている?
⇒ 不耕起やるには水の管理は必須。調べてみる?


・将来的な構想
 シェアハウスというのはとてもいい。それこそ飯さえ食えれば無給でもしばらく勉強したいような人もいると思う。

 コンテンツは、不耕起もいいけど、なぜこういうことを始めようと思ったかとか体験のほうが価値があるのでは。

 30歳前後の人たちが、ジムで身体を動かすとかじゃなくて、田畑をやるのがステータスになるように持ってくというのがいいと思う。

 近くは江戸川大、東洋大、理科大、東大があるから、シェアハウスの需要やこういう活動に参加する人いそう。ただ江戸川大と理科大はミクシ、サークルなど勧誘してみたが無しのつぶてだった。

 流山駅前のテナントは9万。近くの蔵のギャラリーとか、何かの発信に使えるかもしれない。カフェもやりたい。

 アクセスに、自転車があると便利。共用の自転車や、レンタサイクルやるとか。

 顔の見える生産者よりも、顔の見える消費者というのが大事。消費者のところに配達して、子どもがいたりするといい加減なこと出来ないと思う。

 絵本は、大人から子供へのメッセージでもあるので、よう分からん言い訳を重ねてる人が自分の本来の欲求に気付くきっかけになるんでないかと思うという意味です。で、ハウスがあればそこで子どもらに読み聞かせたりといった活動もできる。あと絵本を作ってる人が絵本を描く教室やるとか。

 要するに真っ当な神経になって自分で真っ当と感じられる仕事なり活動をするようにしたい。そのために農的生活というのはきっといいはずと思ってる。みんな分かっててもなかなか移行できないだろうから、それを支援するビジネスにしたい。


・来期の活動、体制
 田んぼはできれば体制を組んで、継続する方向で検討。コアメンバーを募集し、まず話し合ってみる。代表・企画、販売、作業の技術など役割があるだろう。
⇒ 近々個別に相談します。

 不耕起は勉強したい。神崎で講習を受けて修了証をもらうと将来的に意味があるかもしれない。また、流山市民の人に市内の不耕起を手伝ってもらって流山での実地を体験してほしい。
⇒ 神崎に行く、NPOほたる野を手伝う、フィードバックを月1か隔月くらいで持ち寄る方向で。

 将来のシェアハウスを借りられたときに、リノベーションなどできるところは自分でやりたい。小川町でそういうのを11/14(日)からやるらしい。
⇒ 参加者募集。応募は1W前までなので今週中で。

 野の下などのエリアの農家と知り合いになりたい。わたしの畑のような森に囲まれた農地が残っているので、いつか借りられたら借りたい。アグリサポート制度などで援農に行こうかと。

 11/20くらいまでに来年田んぼどうするか地主さんに言わなければならない。
⇒ 体制を考えて、できるか回答。


以上でございます~(・∀・)

何かご意見ご指摘ありましたら、コメントいただくか、私のほうにメールでもくださいね!
関連記事

テーマ : 千葉県
ジャンル : 地域情報

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは。

お久しぶりです。
しんさん米マルシェでゲットして、昨日食べました。
新米なのかやわらかくて前に食べた玄米と違く食べやすくおいしくいただきました★

Re: こんにちは。

おお~購入いただいたんですね、ありがとうございます!!

そう、しん米は玄米がうまいんですよ(・∀・)

独特の風味と香りですよね。←超自画自賛(笑)

でも玄米としては今まで食った中で一番うまいっていう人もいて、ホントオススメでございます(^^

いっぱい食べてくださいね~~
プロフィール

paddynotes

Author:しん
東京在住の元・関西人です。

数年前までIT屋でPMやコンサルをやってました。

猫と動物好きの人が好きです。


★「流山田園プロジェクト」 今年は諸般の事情により休止中です。
今年のこれまでの活動については↓

都内から最短30分で行ける最後の近郊里地、流山にて無農薬野菜、お米をみんなで作ろう!という活動をやってます。

まずは畑部始動!
「春野菜を育ててみんなで分かち合おう」プロジェクト

★稲城で麦部、やってます!
稲城でパンを作ろう活動は元気に継続中!

「小麦を育ててパンを作ろう」プロジェクト


★去年の様子
昨秋の稲刈り会の模様はここをクリック

メディア(農業サイト)で取り上げられました!
ノチカ特集

流山市広報「ぐるっと流山」にも登場。
田植えの様子
市長さんに面会


☆完全無農薬のお米、お分けします!活動へのお問い合わせもこちらから☆

かうんたー
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Twitterの最新のつぶやき
Ads by rakuten
Ads by amazon
ぴたっとアド
検索フォーム
リンク
RSSリンクの表示
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。